投資をする先としてのファンドのランキングとは

2016年09月21日

運用益から見ることがベスト

投資をする先としては、やはりファンドが良いとされています。要するにプロに任せてしまう、ということです。これが方法として極めて定石的であり、お勧めできます。もちろん、そのときに見るのは運用益になります。はっきりいって、それだけ見ればよいといっても過言ではないでしょう。ベストなのは不況時にどうであったのか、ということです。良い情勢の時に利益を出すのはファンドとしては至極、当たり前であるといえるからです。

ファンドとしては選択が

一言にファンドといっても実は選択肢は山のようになります。そもそも投資の方向性が細かく違うわけですから、それも見ることになりますが、基本はやはり実績になるでしょう。但し、良いところであろうとも自分が確実に投資に参加できるのか、というとそうでもないです。細かい条件をつけているところが殆どであり、はっきりいって、資産的にクリアできないこともよくあります。そのあたりが、ファンド投資のネックであるでしょう。

ファンドに投資をする理由

そもそも自分で投資をしない理由なのですが、一つは知識不足であるから、というのがありますが、実はファンドにメリットがあるからです。それはスケールメリットの享受になります。投資というのは大きく出来れば出来る程、有利です。ですから、自己資金のみならず、多くのところからお金を集めているファンドに任せたほうが可能性としては高くなることが多くあります。これを生かすためにファンドに投資をしている人も多いでしょう。

ファンドのランキングを活用するためには、株式投資に関する様々なノウハウを身につけることが重要な課題といえます。