高校の転校!そこに渦巻く考えと適切な道とは

2016年09月21日

なぜ転校をする必要があるのか

高校を転校するというのは、人生の中でも大きなイベントとなります。通常は、中学生の時に様々なことを考えてじっくり高校を選ぶので、入学した高校を卒業するのが普通です。その中で転校をするのは、高校選びを間違ったと言われても仕方ありません。入学する時は入学金を何十万円か支払うはずなので、そのお金が無駄になってしまいます。これらの事実を把握した上でも転校するというのは、相当な覚悟と理由が必要です。何となくなどの理由では両親を説得できません。

転校するとどうなるか

転校を考えるのは、頑張ろうとしていた部活が廃部になってしまったり、他に強い目標ができたなど色々ありますが、転校後の生活についてしっかり考えなければいけません。転校をすると、全ての環境が変わると言っても過言ではありません。通学路・クラスメイト・先生全てが変わるので、馴染もうとする努力やそれなりのコミュニケーション能力がないと難しい学校生活となります。入学金や制服・教科書の買い直しで多くの出費もあります。

覚悟があるなら、迷わずに転校を

高校時代は、3年間しかありません。人生の中での3年間と考えると短く感じますし、もし高校を間違ったと感じても少し我慢すれば良いと思いがちです。しかし、高校の3年間というのは多くの場合とても内容が濃いものとなります。なので、適当にやり過ごせば良いと考えるのではなく、ベストな選択をするという意識が大切です。どうしても転校したい場合は、親を説得するぐらいの熱は必要です。一度過ぎれば高校生活に戻ることができないので悔いのない決定をしたいです。

高校を転校するという大きな出来事を迎えるあなたには、学友との別れや環境の変化という様々な困難も伴うことでしょう。しかし同時にそれを受け入れる事で、あなたの将来に幅広い可能性をもたらしてくれるでしょう。