相続の申告をするために相談する相手というのは!

2016年05月26日

相続は極めて面倒でもあります

相続できる財産、させることができる財産がある、というのは極めて良いことであるといえます。そうすれば、子々孫々に財産を遺すことができるようになるからです。言うまでもありませんが、まずは法律行為である、というのを知っておくべきです。ですから、出来るだけ専門的な知識を持っている人に相談をすることです。その一つとしてあるのが、まずは税理士になります。税務であれば、十分に税理士ができるようになっていますから、お勧めできます。

税金を節約したいこと

相続税なども節約できる要素がいくつもあります。ですから、基本的には専門的な知識を持っている人からそれを聞くことです。いくらでもやりようはありますから、心配することはないです。しかし、あくまで合法な行為である必要があります。税金は逸することは駄目ですが、節約できる方法を取るのは悪いわけではないです。法律とは知っている人の味方ですから、基本的にはまずはしっかりと知識を身につけるべきでしょう。相続もそうです。

相続のためにやるべきこと

様々な書類を提出したり、或いは財産の把握なども必要になります。それこそが大変な行為になります。そして、その手伝い、或いは代行ができるのが税理士になります。だからこそ、基本的にはまずは相談をする相手として税理士を選ぶわけです。税務のプロですから、これは当たり前であるといえます。相続のためにやるべきことは、財産の把握、そして、正確に相続の手続きをすることです。そのために手を尽くし、確実に進めて行くことです。

相続の申告を税理士に依頼する際は、手数料がかかります。明確な基準はありませんが、相続財産評価額に0.5%〜1%をかけた金額が多いです。