知っておきたい!相続に関する3つの対策法

2016年05月10日

遺産分割対策について

円満に遺産分割をするために、遺言書を活用する方法があります。遺言がないと、残された相続人の間で深刻な争いが生じたりする可能性も高くなります。遺言は法定相続人の権利よりも優先されるため、遺産分割をする際に遺言書がある事でほとんど解決する事が可能になるのです。他にも、贈与を利用して生前に遺産分割を進めておく方法もあります。これらのように現状の財産を分割しやすい財産に変えておく事により、相続人に受け継ぎしやすくトラブルを避ける事が出来るのです。

節税対策で相続対策する方法

節税対策には、所有権財産の縮小や移転による対策と課税価格を引き下げる対策と優遇制度をフル活用するための対策があります。所有権財産の縮小や移転には、基礎控除を活用した贈与を長期的に計画的に行う方法と配偶者控除を活用した方法があります。ただしこの場合婚姻期間が20年以上である事や申告が必要など要件を満たしている必要があります。課税価格を引き下げる対策とは、所有不動産を賃貸用へしたり、養子縁組を利用する事です。優遇制度をフル活用する対策とは、生命保険へ加入したり、死亡退職金を活用する方法となります。

納税対策で相続対策する方法

納税対策には、金融資産の計画的贈与や生命保険の活用や物納の準備などがあります。アパートなどの収益を生む財産を子供に贈与する事によって、贈与した後の家賃収入を子供に移転する事が出来ます。この方法を利用する事により、家賃の収入によって金融資産が増えていく事を将来的に抑える事が出来て、子供は納税資金を準備する事が出来るのです。また相続財産がほとんど不動産の場合、生前から物納の条件を満たす準備を行っておけば大きく節税する事が出来ます。

相続税の税理士とは、相続と贈与に詳しい税理士のことです。相続税の申告が必要になった場合や相続についての相談は、相続税専門の税理士にすると良いです。