事前に準備を!税理士に相続税の相談をする際に必要になる3つの事

2016年05月09日

相続税に強い税理士かどうかを調べておく

所得税などの確定申告とは違い、相続税にはとても高い知識と長い実務経験が必要となるため、相談をする際には経験の豊富な税理士を選ぶ必要があります。特に無料相談を利用する場合には、ホームページなどでその税理士の実績を確認しておくようにしましょう。しかし実績などの情報が得られない場合には、相続税の事前対策となる生前贈与や納税資金対策などの相談も出来るかどうかを確認しておくようにします。相続税にあまり力を入れていないと、事前の対策をしないといった傾向にあるので、見極めるポイントになります。

税理士に聞かれる事を事前に考えておく

相続税の相談をした際に必ず聞かれる事は、家族構成と相続財産の全容です。まず相続税を試算するためには法定相続人の人数が必ず必要になりますので、それを税理士に教えてもらうために正確な家族構成が必要になってきます。そして相続財産の全容ですが、これは税理士に相談をする際に最も重要なポイントになるのですよ。相続税の申告や相続税対策をするには、その人の財産の全容を知らないと見積もりを取る事すら出来ないのです。無料相談の時間を節約するためにも、事前に調べてメモしておくのがいいでしょう。

無料相談はどこまで相談してもいいの?

税理士による無料相談は、税理士によって対応をしてくれる範囲が異なってきますが、多くの場合個別具体的なアドバイスの手前までとなっています。具体的に言うと、相続税の基礎控除額の計算方法や一般的な節税をする方法です。相談している人自身の財産の状況から、積極的にアドバイスを行うには正式に依頼をする必要があります。そのため無料相談を行う際には、税理士のコミュニケーション能力を見極めるためのものと思う方が良いかもしれません。

相続税相談は、税理士や弁護士をはじめ、行政書士・司法書士・FP(ファイナンシャルプランナー)にすることができます。