企業存続のための就業規則を専門家に依頼すること

2016年04月24日

就業規則が重要であること

企業が社員を採用している場合には、その人数によっては就業規則が必要であったり、労働基準監督署に提出したりする必要があります。その場合には、就業規則を作成するための知識が必要になります。就業規則に絶対に記載しなければならない事項であったり、また必須でない事項もあります。絶対的記載事項は規定していなければならず、また相対的記載事項についてはその内容が法律に則している必要があり、その判断が必要になります。中小企業の場合に社内にそのような人が少なく、社会保険労務士にその作成を依頼する企業も多いです。

社会保険労務士に依頼することが多い

就業規則には労働基準法が大きくかかわってきます。その法律も毎年のように変更になりそれに対応する形で、就業規則も修正する必要がありますが、中小企業の事務担当者の多くは経理等も兼務している場合があり、業務も広く浅くというのが基本です。そのため、会計事務所に決算を依頼する企業も多く、それと同じように社会保険事務所に入退社にかかわる社会保険手続きを依頼することも多いです。法律にかかわる企業存続の肝になる部分は専門家に外注するケースが多いです。

最新の就業規則に更新しておくこと

最近の企業においてはブラック企業と言われているところもあり、その根幹にある部分が労働に関する部分です。それを規定しているのは企業においては就業規則です。そのため最近の経営者も就業規則の内容について敏感になっている人も多いです。そのため専門家の社会保険労務士や事務所に見直しを依頼して、最新の法規に則った形にする動きも多く見られています。労働基準監督所も相談窓口を設けたりして、労働者のみならず経営者からも相談を受けています。

ベンチャー企業や中小企業で就業規則の不備により苦労されている経営者がおられます。社会保険労務士の就業規則作成に任せてみてはどうでしょうか。