自分が好きなシナリオを書けるように!ゲームの専門学校で才能を磨く

2016年04月24日

シナリオの駄目なところを教えてもらえる

自分一人でゲームのシナリオを書こうとしても、どこか一部の展開がおかしくなってしまうだけで、次々とシナリオの流れが悪くなっていく事もよくあります。そのシナリオの展開のおかしさに、早い段階で気付く力を身に付けられるのもゲームの専門学校の魅力です。シナリオが出来上がったものだけを講師がチェックするのではなく、プロットの段階でも丁寧に指導を行ってくれるので、シナリオの展開に納得をいた上で続きを書けるようになります。

テンポの良いゲーム向きのシナリオを考えましょう

これはゲームに使われるシナリオなのだという事を忘れないように、ゲームのテンポを崩さないシナリオを書ける技術を、ゲームの専門学校は教えてくれます。会話シーンだけで何分ほどプレイヤーを待たせる事になるか、しっかりと計算しながらシナリオを書けるようになるのは、ライターとして自信を持てる理由の一つです。理想的なムービーシーンの長さに合わせて、台詞を考えられるようになるといった、制作現場でも喜ばれる技術を学ばせてもらいましょう。

問題となる表現を避ける技術も大切です

ゲームによっては暴力表現を含むシナリオを書く事になる場合もあるので、ライターが暴力表現規制に関する知識を持っている事も大切です。どういった規制を受ける事になるのか分かっていなければ、後からシナリオの修正をする羽目になってしまい、シナリオ展開がおかしな事になりかねません。宗教的表現や差別的表現など、避けるべき表現をゲームの専門学校は教えてくれます。海外向けにも発売しやすい表現を学べる事も、シナリオライターを目指す人間としては嬉しい点です。

ゲームの専門学校では学業中にパソコン関係の資格取得もできるので、就職しやすく技術や知識向上ができます。