信用取引の要点と注意点!リスクとリターン

2016年04月24日

信用取引はリスクが高いです

信用取引と言うのは、ある程度の証拠金を出しておくことによって、その金額以上の取引ができるわけです。これは当然ですが、非常にリスキーな取引になりますが、リターンも大きくなります。リスクを取って、リターンを得たい、と言う人には極めてお勧め出来る形式の取引になります。具体的にどんなことで行われているのか、と言いますと株式取引やFXなどが今では一般的になっています。一般人でも契約すればできる取引になっています。

最近の流行りはFXです

信用取引において、現在最も一般人に人気になっているのがFXです。これは外国為替証拠金取引と言う物であり、為替の上がったり、下がったりすることで利益を狙うわけです。下がると予想すれば売っておき、上がると思えば買い込むわけです。これを外国為替でやるわけですが、信用取引ですから、自己資金の何倍も取引をします。金額で言えば一円、二円の上がったり下がったりなのですが、投資額とその倍率によっては大儲けできる取引です。

リターンも大きいですが

証拠金を超える損失になった場合、取引が停止されたり、強制的に決済されることが多いです。それもギリギリマイナスになるレベルではなく、信用倍数によっては、一気に証拠金の数十倍が損失になることもあります。そうしたリスキーな取引であることは理解しておくべきでしょう。しかし、逆を言えば一気に証拠金の数十倍の利益になることもあるわけです。信用取引の要点はここにあり、注意点もこの点にあるわけです。自己責任で挑戦することになります。

通常の株取引では持っている資金の範囲内でしか取引ができません。しかし、信用取引なら最大で資金の3倍以上の取引ができるので、大きな利益を狙いやすくなります。