専門学校へ行く!メリットとデメリットとは

2016年04月23日

夢に一番近づけるかも!

将来やりたい仕事が明確にある場合は、やっぱり専門学校がおすすめです。特にやりたいことが見つからないという人も多い中、はっきり夢が見えていること自体幸せなことだと思いませんか。あとはその夢にむかって進むだけですよね。専門学校はその分野での就職にも強いため、学生生活を充実させれば、夢の実現は近いかもしれません。例えばデザイナーなどまさに専門的な知識や技術が必要な分野はクリエイティブな能力も求められるため、いろいろな経験が必要になってきます。

一生付き合える仲間と出会える

同じ専門学校へ入学した仲間とは、大まかに分ければ同じ分野での活躍を希望する、同じ目標をもった人たちです。ただのクラスメイトとは違って辛くなった時も気持ちを理解し合えることができ、絆を深めることができます。充実した時間を仲間と一緒に過ごすことで、関係は深くなります。将来それぞれが仕事についてからも、よい相談相手として関係が続くでしょう。お互いの活躍に刺激を与えながら、成長していける仲間は貴重な存在ですね。

目標を見失ったら辛いかも?

専門学校がその分野を集中して授業が行われます。逆にいえば、その分野に興味を持てない人にとっては面白くありませんよね。たとえば、大学の受験勉強が嫌だからという理由や、ここでいっかなどという軽い気持ちで専門学校へ入学してしまうとムダな時間を過ごすことになり兼ねません。また目標をもって入学したものの、実際勉強を進めていくうちに何か違うと感じてしまったら辛い状況ですね。実際専門学校を中退してしまう人も少なくありません。

ゲームの専門学校は、ゲームの作り方からゲーム市場について学ぶことができる学校です。ゲームを作りたいけど技術がない、チームで作成する術を学ぶことができます。